株式投資の部屋の独り言
ここでは相場を含めて、 いろいろなことを書いていきたいと、思います ちよっとイメージ的に違う感じの看板ですが みやすいのでこれにしました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル/円月足フィボッチ
ドル/円月足チャート
この月足から次なる波動の高値を予測してみた。
2005/1 101、67より2005/12の121,37
この値幅19,70
これに0,618をかけると12,1となる。
これを121.37から引くと109,37となる。
これは2006/5の108,96では?
これで押し目は完了とわかる。
となるとトレンド的には反転相場の予測値が必要になる。
2005/12の121,37 +12,1=142ぐらい
さらに19、70に1,618をかけると31,18
これを
2005/12の121,37 +31,18=152ぐらい
押し目底の
2006/5の108,96 +31,18=140,1
少なく見てもこのあたりの数字は示現すると
おもわれる。
ここまでの円安が来ると日本企業は超大幅黒字となる。
結果的に雇用情勢が逼迫し金利が上昇してくる。
これが金利の上昇とつながり円キャリーの終焉ということとなり、
世界的なマーケットでの宴は終了する。
あとは
心配することはない下がれば売ればよい

あがると思えば買えばよい。
マーケットはすばらしい。

私的観測
本家 HP








スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://toushikabuka.blog37.fc2.com/tb.php/871-3d198221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。