株式投資の部屋の独り言
ここでは相場を含めて、 いろいろなことを書いていきたいと、思います ちよっとイメージ的に違う感じの看板ですが みやすいのでこれにしました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前場
前場
日経平均株価は反落。
前日比112円51銭(0.65%)安の1万7258円42銭
東証一部の売買代金 1兆2146億円、売買高が9億2157万株。
値下がり銘柄数は838、値上がり銘柄数が708、変わらずが161銘柄。
これだけの上げ相場を展開してきただけに多少の下げは当然。
ただし致命的な下げではなくふるい落として気下げ。
ふるっては上げふるっては上げと繰り返しあげていく。
それが上げ相場というものでは?
理屈をつければいくらでもあるが、一番必要なのはデータ分析。
データ的裏付けを確認することが一番大事。
相場は皮肉なもので投資家が上げに対して納得したときが
下げの始まりとなり、みんながだめと思った時から相場は始まる。
今回の大型株から新興市場へのシフトは始まったばかり。
さらに大型株のもたつきは相場の終わりを意味するものではないと思う。
よい株は買いでは??
スポンサーサイト

テーマ:株日記ちょっと気になる独り言 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://toushikabuka.blog37.fc2.com/tb.php/905-4cc3b622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。